震災の教訓 津波にも強い日本へ

復興に向けて取り組まれている! 出来るだけ早い回復を願ってやまない!
短中長期に向けてしっかりと取り組まなければならない!
長期に向けて
これだけの死者を出した震災の教訓をしっかりと生かしたい
二度と繰り返さない事が死者へのお弔いだ!
地震に関して倒壊した住宅は少なかった! さすが地震国の建築基準だ!
京都の経験が生かされて高速道路の倒壊は防がれた!
地震予報も今回で実証された! 考えられない進化だ!
津波の経験は各地にあるにもかかわらず希望的な水準で考えられていて多いに反省させられる!
海に囲まれた素晴らしい国 日本! 次の過大は津波にどう立ち向かうかだ!
天災に勝とうと言う認識は人間のおごりだ! 
どう回避するか! どう弱体化するか! 
防波堤の効果はあるが美観を犠牲にした対策では満足できない 日本中を防波堤では囲えない
海岸近くには住まない! 海岸の美しさを住宅で覆いたくない 自然で美しい景観に変えていきたい
この津波は1000年に一回と言われても二度と繰り返さないだけの対応が必要だ 
この悲しみは絶対に繰り返してはならない!
特に被害を被った家族が二度と繰り返さない丈の万全の策で望みたい!
海抜10メーター以下の地域は住まない 新規に住宅建設を認可しない!  
海岸に近い地域 海抜の低い地域の個人宅は基本的に認めない!
今後の建築基準は海に近い地域の海抜の高さ別で変える! 
現在住んでいる家 
すべての建物は基礎をしっかりと繋げる等 対策をうつ!
被災地に鉄筋コンクリートの建築物が残存していた しかし1階や2階の惨状をひどい!
低層階は駐車場に又は高床式の建物にする必要がある
個人宅がいとも簡単に波に浮かんで移動するシーンが目に焼き付いて離れない!
基礎をしっかりと地面に固定した建物地下を作るのも良い 津波対策が必要がある!
海岸の景観を考えた津波対策を考えだして欲しい
沖に島を作る! 松島は島のあったお陰で被害が少ないと聞く
海底の形状を変化させる 津波が弱まる構造が考えられないか?
海岸に近い陸側に深めの池を作る 押し寄せた津波の引きを弱める効果がないだろうか
運河をつくり水圧を吸収し横に分散できる形状を模索する
等など美観を保ちつつ被害を少なくする工夫が出来ないだろうか?
原子力発電 日本中の原子力発電所での再発防止が必須
津波による停電で被害がでた 送電のあり方を再考する必要がある 
発電機を動かす電気が止まる 自力で発電するか小型発電機をつけるか
万一のときの給水の準備 汚染水用の巨大なプールの併設 
コンクリートのひび割れ対策 表面は水の漏れないシートで覆う 
排水は海に出ないようにしたい
2重3重4重の対策が必要
開戦したら一番に狙われそう!
今の施設では諦めるしかないか!
世界で戦争時に原子力発電所を狙わない相互の確認が必要!
 

Comments: Leave a Comment

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.