地震救済 日本全体で分散救済を

広範囲で起きた地震である 人類史上 最大の危機と考へられる
国には最善の対応を望むが国だけに依存する事態ではない 
神戸地震のような臨時の対応では解決しないほど大掛かりで日本全体の救済が必要だ
全避難民を考えるのも必要だが分散して協力を依頼する方が手厚くできる
避難民を早急に地域で分散して救済しよう
全国の病院への呼びかけ
障害者 高齢者 優先受け入れの体制
各県 各自治体に呼びかけて避難民を受け入れる戸数を発表する
住居として供給できる施設 利用可能施設数を発表し利用させてもらう
地域にある企業の社員寮 保養所 別荘 研修センター 他
避難民に提供できる施設 (1年から2年単位で使える施設の)提供 
企業が負担できるのは限界がある  
国は安く借り上げて貸し与える こうして分散する
海外移住の呼びかけ
世界へ移住できる受け入れ可能所帯数 受け入れ人数の協力を依頼する
分散後の対応
自治体の対応 企業の対応 地域住民の対応 他 
備蓄食料品の提供 援助活動を依頼する ボランチテイア活動の協力依頼
中長期に移住を覚悟する人を自主的に申請する
復帰した町に戻るかどうかも自主的に判断する
あくまでも強制的な事は避けて自主的な判断にゆだねる
国 自治体 
道路 鉄道 他 町が社会活動を出来る体制を早急に復帰させる
電気 水 食料 他 生活の基本に取り組んでほしい

Comments: Leave a Comment

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.