人と自転車と車 安全によリスムーズに!

道路は社会インフラの代表です  皆さんがもっと有効活用する必要を感じます
人も自転車も車もよりスムーズに動けるお互いの配慮が必要です

町から渋滞箇所をなくそう! 安全第一!
①信号の長さと間隔の工夫
②交差点でのスクランブルの活用 人の安全を確保し車の渋滞を避けるられる!
 (交差点で歩行者が安全に渡れるのはスクランブル! 一度で目的の方向に渡れる
  車は歩行者がいない道路は運転し易い 人と車を完全に分離できる)
③信号が多い道路は各信号の連動の仕方で渋滞を減らせる
④路駐の車が渋滞の原因!
  タクシーや荷物車の駐停車  
  交差点から10メーターは停車禁止 タクシーを拾わない! 荷物の積み降ろしをしない!

全歩行者 警察の創意工夫 運転者の相互の配慮でスムーズで安全な街を作ろう!    

もっと真剣に渋滞を回避するには!
宅配便は除く! 荷物の集配は夕方6時から朝の8時まで! 
渋滞回避! 街が大きく変わるでしょう!

  

Comments: 1 Comment

One Response to “人と自転車と車 安全によリスムーズに!”

  1. Silverfox より:

    たまたまRSSにて車好きとして。そして感じたこと。

    >②交差点でのスクランブルの活用 人の安全を確保し車の渋滞を避けるられる!
    信号の待ち時間が増え、無駄なブレーキとアクセル踏みによる自然渋滞及び信号待ち時間が増えてしまい、全てスクランブルにするのはナンセンスと思います。
    例えば、2車線ある道路で、車通りが多く、交差点で右折が多い道では、右折車両がたまり、いくら二車線道路でも、右折レーンの隣にある車線は今より混雑はひどくなり、左車線にのろのろしながら移ることになります。(さらにスクランブルにしたら、判断能力が低いドライバーが赤信号ということで歩行者信号の真ん中で立ち往生してしまい、今度は歩行者の邪魔になる。)

    これにより、左車線もつまる原因になることで渋滞をさらに悪化させることになります。(これは逆もいえます。)
    だからといって、立ち退かせて2車線を3車線にするのは非常に今の日本では難しい話です。

    >交差点から10メーターは停車禁止 
    道路交通法をきちんとお読みになったことございますか?交差点は25M以内は基本的には駐車禁止にしています。(25M以内は駐車禁止)

    >①信号の長さと間隔の工夫
    同感ですが、もしも間隔を同じにすることで急ぐ人、ゆっくり走る人によることで偶発事故及び逆に信号で何度も止めることにより、さらなる渋滞を引き起こす。

    ④路駐の車が渋滞の原因!
      タクシーや荷物車の駐停車  
    タクシーやトラックはいったいどこで荷物や人を降ろすのですか。
    特にヤマト便など小物を扱うところでは。都内ならまだしも、田舎では自転車で走れというのは逆に非効率化を呼ぶだけです。

    自然渋滞はどーやっても、運転手次第により減りません。
    坂道がこの世の中にある限り、アクセル・ブレーキのふみ加減で全て起こす自然渋滞を減らすのは難しいです。
    よくある例え話ですが、ゆるやかなのぼり坂である道路では、一定速度を維持しようとしても、ゆるい坂道では若干速度が遅くなります。そのために一旦アクセルを強く踏みます。これが連鎖的に起きてしまい、そこにゆるい下り坂が存在すれば、今度は出しすぎてしまいこれによってブレーキを踏んでしまう。これを全員やればどんどん詰まる原因になります。
    事故もないのに渋滞が詰まる遠因にはこのような点があります。

    実際に東北自動車道にて私が羽生PA-栃木IC間にて100km走行(東北道浦和IC-宇都宮IC間は最高速度は80kmでなく100km。)の場合、佐野SAの付近のゆるやかなカーブ山間部?あたりでこのようなことは多々あります。(100kmのまま走ったとしても最初のゆるやかな上り坂で維持しようとし、そのまま今度はすぐにゆるやかな下り坂で10km増になる時は制動距離長めな車では発生します。)

    さらに、むやみやたらのブレーキも渋滞遠因になります。(前方車両速度の見積が甘いと、アクセル離しても間に合うことないためにブレーキで落としざる得ない)

    大変恐縮ですが、失礼致します。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.