「自国主義」への危機感

今般の英国における国民投票で、英国は欧州連合(EU)から離脱する事となった。
 
時代は、世界が一つになっていく流れ。

今回の離脱は、それに逆行する流れとなってしまった。

国民全員が優れていれば問題はないが、
知識の少ない国民がいる中で、
将来にわたる大事な選択を国民全員の多数決で決める事が、本当に正しい事なのか?

図らずも、英国は欧州衰退の引き金を引いてしまったのではなかろうか。

その根底にあるのは、「自国(優先)主義」というエゴイズムだ。

アメリカも、自国を優先するトランプ候補が台頭し始めている。

自国主義が、今後の世界を主導しはじめる危険を感じる!


※今後のあり方

①あらゆる業界の知識人を選択し、その人が真剣に将来を考えて投票する。

②他国の有識者も、選択する権利を持って投票する。

こんな事を思いますが、皆さんはどうでしょうか?

Comments: 「自国主義」への危機感 はコメントを受け付けていません。

安倍政権に期待する!

首相を二度体験すると本気度が見えてくる!
自民党の盤石な体制が出来上がった! 今後の政策が非常に大事である
国民の意識は全面的に自民党を担いだ訳ではない!
優先課題
<日本の戦略部門の強化!> 国内も 海外も 税制も ・・・
<財政の健全化> 収支を合わせた形で国を運営して欲しい!
<政党政治から政策政治> 検討課題のレベル毎に 議論を深めて欲しい
<地球税> 地球の問題 国を越えて対策・実行していける様に立ち上がる!
等々 色々期待したい!

Comments: Leave a Comment

政党政治から政策政治へ

参議院 不在投票をしてきた! 悩んだ! 何処の党に入れるか?
自民党 確かにしっかりと経済対策が行われている! 結果を含め今後に期待したい!
それでは自民党に任せて投票を入れるか?
疑問だ! 
自民党の主張する憲法の改正 どう変えるのか議論が不足している様な気がする
自民党の独走は許せない! では他の党に入れるか! これも疑問!!
そこで考えてみた! 政党政治から政策政治の時代だろう!と
政策毎に皆さんの意見が違うのは当然! 党に所属すると党の綱領が優先され
個人の意見、議員ごとの意見に違いが出ても党の方針に従わざるをえない! 
自民党が両議院の過半数をとると全ての起案が通る! これは民主主義だろうか!

Comments: Leave a Comment